糖質制限ダイエットは本当に痩せるのか

今はやりの糖質制限ダイエット、とっても手軽で激しい運動をしなくても痩せられるって聞いたけれど、それは本当なのか気になる方もいるかと思います。
好きなものを好きなだけ食べれるとしたらなんていいダイエットなのでしょう。
糖質制限するだけでダイエット出来るのでしょうか。

糖質制限ダイエットは言葉通り炭水化物などの糖質をたくさん含む食品を摂取することを控えるダイエット法です。
身体は摂取した食品から身体を動かすためのエネルギーを得て、日々活動しています。
ですが日常生活で消費するエネルギーよりも摂取したエネルギーが多いと残ったエネルギーは脂肪になり、太っていきます。
糖質は身体を動かすエネルギーとなるカロリーが多く、過剰に摂りすぎてしまっていることが多いので、それを減らして身体に余分なカロリーを摂取させないことでダイエットを成功させられるのです。

糖質の摂りすぎは糖尿病の方にとっても危険なことです。
糖質を摂りすぎると血糖値が急激に上昇したり、下がったりと変動の幅が大きく、身体に大きな負担となります。
糖質を分解するインスリンも大量に分泌され、余分な糖を身体にため込んでしまい、太りやすい身体になってしまうのです。

ダイエットを正しく行うためにはまず糖質をたくさん含む炭水化物を摂取する量を減らします。
少しずつ始めたいときにはまず摂取カロリーが多めになりがちな夕食から主食となるごはんやうどんなどを減らすとよいでしょう。
減らした代わりには魚や肉、野菜をたっぷりと摂取して栄養不足にならないようにするのがポイントです。
パンやご飯をどうしても食べたいときには低糖質のものを選ぶとよいでしょう。
余計にカロリーを摂取することなく食べられます。

食べるときの時間や食べ方にも太りにくくするコツがあります。
しっかり噛んでよく味わうことで少ない量でも満足感を味わえます。
早食いするとよく噛んで食べられていないため、消化不良を招いたり、量を多く食べてしまうことにつながるのでやめましょう。
糖質制限ダイエットは気軽に始められるので、是非試してみましょう。

糖質制限中にも食べていいもの

糖質制限によってダイエットを行う場合、どの食品に糖質が多く含まれているのかを知っておく必要があります。
一見、糖質を多く含んでいないように見える食品であっても、実はかなり炭水化物を含んでいる場合があるのです。
飽きずに長くダイエットを続けていくためには、食べれる食品の種類を豊富に覚えておくことが大切です。
偏った食生活にならないためにも、糖質制限ダイエット中にも安心して食べれる低糖質な食品を多く覚えておき、積極的に食べていきましょう。
糖質制限中に食べられるものとして、まず肉・魚類と野菜等を挙げることができます。

注意しておきたい点として、肉類を食べる際にはなるべく加工食品を避けるということが挙げられます。
通常の肉類は100gあたり0~0.5g程度しか糖質を含んでいませんが、ウインナーやハム等の加工食品には1~3g程度含まれている場合があります。
加工食品の場合糖質量は製品によって大きく異なるため、購入時に成分表をチェックして選ぶのが良いでしょう。
レタスやほうれん草・ブロッコリーなどの野菜類や、ワカメなどの海藻類は低糖質な食品として知られています。
またマイタケや椎茸、しめじなどのきのこ類も糖質が少なく安心です。

野菜類の場合、じゃがいもやサツマイモ・人参などの根菜類は意外と多くの糖質を含んでいるため注意が必要です。
野菜類は低カロリーでヘルシーというイメージがありますが、糖質制限ダイエット中には不向きなものも多くあるため気をつけましょう。
過度な食事制限や、バランスの悪い食生活はダイエット効果が得られないだけでなく、糖尿病のリスクも高めてしまいます。
急激なダイエットは健康を損なう危険性がありますので、体調管理をしながら無理のない糖質制限を行いましょう。